カードローンの増額には応じるべき?

カードローンを利用していると、会社側から「借入限度額の増額の案内」といったものが発送されてくることがあります。
自分が利用しているカードローンの借入限度額を増やしませんか?という案内です。

カードローンの借入限度額は、会社側の判断で引き上げられることがあります。
カードローン会社は、常に利用者の信用状況を確認しています。
ある程度の利用実績があり、返済状況にも問題ない方、限度額を引き上げても問題ないと思われる利用者に対しては、増額を提案します。
問題ないと判断された方に対しては、たくさん借りてもらおうということです。

この場合には、自分が了承すれば借入限度額の増額の手続きが行われます。
会社側で一定の審査が完了した段階で、案内文が発送されていますので、まず問題なく手続きが完了するでしょう。
「いつ必要になるかもしれないから、一応増額しておこう」と思われる方も多いのではないでしょうか。

しかし、限度額を引き上げすると必要以上のお金を借りてしまうこともあります。
借入額に余裕ができたことを、自分の借入能力が上昇したと勘違いすることもあるのです。
借入限度額が上がるということは、不必要なお金まで借りてしまう可能性もあります。

もし追加で借入すると、当然その分の負担が増えることになります。
毎月の返済額が増えたり、完済までの日数が増えてしまうことになるのです。

増額に応じるかどうかは、そのときの自分の状況で慎重に判断するようにしましょう。
もし不要であると考えるのであれば、きっぱりと見送ることをおすすめします。

関連記事