東京一人暮らし月収8万円生活

東京のとある商社に勤め始めた時、理由がわかりませんが、月給が8万円でした。
国民年金、健康保険未加入で8万円です。
部屋の家賃は5万5円円です。
光熱費を払い、携帯電話代を払うと、1万円しか残りません。
正直言って、どう生活したものか悩みました。
そこで、編み出した方法を共有します。
①家計簿をつける。
レシートは必ずもらって、ノートに張ります。
使用額を残金から引いて、現在残高を見える化します。
それにより、何にいくら使っているかが明確になります。
交通費が出ないのですが、会社のすぐ近くに住んでいたので、かかりませんでした。
従って、食費と服、生活必需品を安く手に入れる必要があります。
給料が安い分、労働時間短ければいいのですが、1日平均16時間労働でしたので、スーパー等は閉まっています。
従って、②100円ショップでしか買い物はしないと決めました。
実は不経済な部分もあるのですが、他に選択肢がありませんでした。
それと意外に缶ジュースなどでお金が飛んでいきます。
③家でお茶を沸かし、ペットボトルに入れて持ち歩きました。
月一回の贅沢はモスバーガーでした。
まとめると、①家計簿をつける。②100均のみで買い物をする。③水筒を持ち歩く。
以上です。