急に減給やリストラにあっても慌てないためには

このご時世、急な減給やリストラは誰にでも降りかかります。私の場合は業績悪化による人員整理のため、独身で家庭を持っていない人から切ろうという事で苦い経験をしたこともあります。

しかし、お金が急に減って困ったという事はあまりありませんでした。

というのも、万が一のために家計簿を付けておけば、収支のバランスが分かるから対応もできると教えてもらっていたからです。日頃から収入ー支出は計算し、手元にいくら残っているか見えるようにしていました。

支出科目も細かく作っていました。そして、収入が止まれば計算式を貯蓄額ー支出に変更し、支出額をコントロールしていました。科目を細かく作っていたのはそのためで、どこを削ればお金が手元に残りやすいか分かりやすくしていました。

もちろん、次の仕事を探さなければならなかったので、娯楽費と交際費を真っ先に削りました。すると、次の仕事が決まる数か月間は貯金残高が著しく減ることがありませんでした。

貯蓄があるという事は就職活動にお金をかけられ、行動しやすく気持ちにも余裕が出来るので、再就職先もすぐ決まりました。結果的には今の会社に入ってから収入が増えたので良かったかなあと思います。

もしもに備えてお金の動きを見える化しておく事と、エクセルが使いこなせるようにしておく事も大事かと思います。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11160545466

関連記事