病気退職は突然やってきます。動けなくなる前に対処を!

独身時代のことです。仕事がハードで体が付いていかず、とうとう毎日出勤することがむずかしくなり退職した経験があります。退職金は少しだけ出ました。約一か月分(約18万円)です。
退職したからといってすぐに壊した体が良くなるわけではありません。一人暮らしだったので、収入がゼロになっても日々生活費は飛んでいきます。貯蓄もそれほどあった訳ではないので、すぐに生活苦になりました。一番困ったのが家賃です。約4万5千円でしたが無収入の時はこの金額でも捻出が難しく、一度だけ管理会社に連絡し引き落としを待ってもらいました。その時初めてカードでキャッシングをしました。金額は10万円です。
そうこうしてるうちに体も良くなり少しづつ動けるようになったので、正社員ではなく出勤日を選べるバイトをして生計を立てました。そのバイト代で生活費すべてをまかなうことは出来なかったので、徐々にバイトを掛け持ちして生活費とキャッシングの月々の支払いをしました。キャッシングの返済が終わってから次の正社員を見つけました。
今思えば「若かったな」と思います。怖いもの知らずだったような気がします。病気だから仕方がないとかいうことではなく、やはり日ごろの蓄えが一番大事なんだと今でも肝に銘じています。

関連記事