会社と交渉してみる

注意してもらいたいのは復職望んでいれば退職認められるような行動をしないようにしましょう。

保険証返還や退職金受け取りなど会社から要求されたらそちらに応じてもよいですが、復職望むならここで払われた金銭はしっかり手をつけないでいてください。

そして、解雇撤回が確実に受け入れられるとは言えず、そのまま解雇されることを考え同時進行でやってください。雇用保健受領や健康保険手続などがあります。

個人で交渉が会社から受け入れられる事はそう多くはなく、その時法的処置をとって、強制的話し合いの場を設けることができます。個人で最後まで交渉することもできますが、弁護士に依頼することがより確実でしょう。

解雇は30日以上前に告知されること。それ以前に突然解雇されれば、予告手当を請求が可能。転職で自ら退職することを自己都合退職で、退職金支払い義務はありません。

関連記事